Please reload

最新記事

コーチングは導入しています…制度的には

とある企業の経営者の方と お話しする機会をいただきました

 

ものすごい勢いで事業が成長されているその会社

とにかく 猫の手も借りたい状態

営業やマーケティングしなくても仕事が来る

 

経営者の方がボソッと

 

コーチング必要なんだろうなぁ

 

 

制度的にはコーチング導入していますが、

忙しくて月に1時間のコーチングの時間も取れないし、実際半年に一度のこともあるかも…

しかもコーチがコーチングを少し学んだ上長なんです…

プロだと違うのでしょうね~

 

と話されていました

 

最近 マネージメント層に行くとコーチング研修が入るというのはよく聞きます

でも トレーニングしたプロコーチと 数回学んだ方とは聴き方が違います

 

 

そして コーチングをなぜ社内で 取り入れたいのか

コーチングを受けた社員がどんな姿になって欲しいのか

経営層がコーチングの必要性を感じた理由言語化して

その想いを社員に浸透させる必要がありますよね

 

メンバーだって 経営層に売り上げだ!期日に間に合わせるためにやれ!と言われたら

コーチングの時間の優先順位は下がります

それでも コーチングに意味を求めたい 

そこには 何か皆さんと乗り越えたい 何かがあるんですよね

 

また コーチが評価者だと 受ける方は本音で話しにくいのでコーチングにはなりません

 

とお伝えしました

 

 

コーチングって結果を数値や時間で表すことって難しいから

導入足踏みするけど 必要性を感じていると言う感がバンバン伝わってきました

 

本当は 必要・・・でも・・・も同時に伝わりました

 

忙しくて時間がない事実はあります

が忙しい時間を選択しているのは『人』です

人がどんな想いで どんなありようで仕事をしているのか?

 

一日の長い時間を ともにしているのか?

 

事業が上手くいっているからこそ

時間に忙殺されず 

ありのままの自分である時間を

月に2時間取れる人であってほしいと感じました

Kompassiでは企業さんからのコーチングの依頼もお受けしています。

ご興味のある方はご連絡ください。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square

 ​Kompassi official 

  • Wix Facebook page

子どもたちと女性のための同志

Kompassi

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now